妊活する前に!ホルモンバランスサプリの口コミを徹底的に検証

ホルモンバランス サプリ

ホルモンバランスが乱れる原因

 

健康に生きていけるようにホルモンが体のバランスを整えてくれているのですが、このホルモンバランスが乱れることで体中に不調が生じます。女性ですとホルモンバランスの乱れが排卵日に影響してきますし、妊娠しにくい体になってしまったりもするのです。ホルモンバランスを整えるにはどうしたらよいのでしょうか。それは生活習慣を改善することです。それでもダメなら薬を処方してもらうことになる場合もあります。

 

ホルモンバランスが崩れるのは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンに関係しています。これらが分泌されるバランスが大切なのです。排卵前にエストロゲンが増え、排卵後はプロゲステロンが増えるというバランスがベストです。

 

ホルモンバランスというのは思っているよりも間単に崩れてしまいます。女性ホルモンの分泌を命令するのは、脳の視床下部というところです。強いストレスや睡眠不足、疲れ、無理なダイエット、生活の乱れなどが悪影響を及ぼし、分泌量が減ってしまうのです。ホルモンバランスが乱れたら生活習慣を見直すことです。そうすればすぐに元に戻ります。ですが中には元に戻りにくい時もあります。その時には婦人科で薬が処方されるでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れ具合を検査し、足りないホルモンを補充するような薬を使います。薬にはいろいろな種類がありますので、しっかり検査を受ける必要があります。そして医師の指示に従って正しく服用しましょう。

 

ホルモンバランスとエストロゲン

 

女性ホルモンという言葉はあちこちで耳にするでしょう。そして女性ならホルモンバランスを意識する場面が男性よりも多いと思います。そんな女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。エストロゲンというのは卵巣機能に関わるホルモンで女性らしさのホルモンでもあります。そしてプロゲステロンは妊娠の時に活躍するホルモンです。卵胞で作られて生理に関する働きを正常に保ってくれます。

 

ホルモンのバランスは整っている状態が良いです。今話しているバランスというのは、エストロゲンやプロゲステロンのことです。この2つの分泌量を調べる検査があります。それによって卵巣機能が正常かどうかも分かります。

 

エストロゲンの場合、基準値はどうなっているでしょうか。
非妊娠前のエストロゲンの基準値
・卵胞器 25〜195pg/ml
・排卵期 65〜411pg/ml
・黄体器 40〜261pg/ml
・閉経期 40pg/ml以下

 

エストロゲンは血液検査で調べられます。pg/mlという単位を使いますが、これに使われている「p」はピコです。これは10の1兆分の1というとても小さな単位です。こんなに小さな単位を使うエストロゲンは、分泌量がとても少ないということが分かりますね。
エストロゲンの分泌が基準より少ない場合には、無排卵ということも考えられます。また発育不全や黄体機能不全といったことも考えられます。あくまでも目安となる数字を上記に書きました。これは生理周期によっても変わってくるので、参考程度にしてください。

 

ホルモンバランスと更年期

 

女性は女性ホルモンに守られて生きています。この女性ホルモンは、うまくバランスをとれている状態がベストで、バランスが崩れることによって体のあちこちに不調が生じます。自分のホルモンバランスなんて、どうなっているのか分かりませんよね。ですから検査を受けてみましょう。この検査はどこででも出来るようなものではありません。

 

ホルモンバランスの検査というのは婦人科や産婦人科で行います。更年期になった女性でしたら更年期外来がおすすめです。
更年期外来がある病院とない病院があるのですが、これは更年期の様々な症状に的を絞った外来です。東洋医学も取り入れながら、更年期障害を改善するための治療をします。

 

ホルモン検査の内容は血液検査がメインです。血液を調べて数値によって判断します。正常値と少し違うくらいなら、特に問題はないでしょう。しかし大きくずれている場合には、ホルモンバランスに問題が起こっている可能性があります。詳しい検査が必要となるでしょう。

 

男性に比べて女性はホルモンバランスが気になる場面が多いです。妊娠や更年期障害はホルモンバランスが大きく関わってくるからです。女性は更年期になると、ホルモンバランスが崩れることで体調が悪くなったりします。閉経後10年くらいが更年期です。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが大きく崩れる時期なのです。最近は若い女性にも更年期の症状がみられるようです。気になることがあったら検査を受けてみましょう。

 

ホルモンバランスと尿漏れ

 

ホルモンバランスが乱れることで体のあちこちに不調が生じます。そんな不調の中に尿漏れがあるのをご存知でしたか?このことはあまり知られていないかも知れません。人に話すことでもないですし相談しにくい事ですよね。でも尿漏れに悩む女性は結構多いようです。特に妊娠出産をしたことのある女性の半分以上は、尿漏れの悩みを抱えているらしいです。

 

尿漏れの原因はいろいろなものがあります。その原因の中の一つにホルモンバランスの乱れがあるのです。妊娠中にも尿漏れがあります。女性の体は出産のために骨盤の周りの筋肉を緩やかにしなくてはなりません。そのためのホルモンが分泌されるのです。女性の尿道はもともと短いです。それが子宮に圧迫されることで、尿漏れにつながりやすくなってしまうのです。

 

妊娠の時には、女性の体のホルモンバランスは大きく乱れます。そのことで尿漏れが起こります。出産が終わればまたホルモンバランスも整うはずだから尿漏れも治まると考える人が多いですがそうでないのです。産後の尿漏れは、その原因を追究しないとずっと続いてしまうかもしれません。

 

妊娠出産の時の尿漏れの原因は骨盤が緩んでいることにあります。ヨガとかストレッチをして、骨盤周りの筋肉を鍛えると尿漏れ対策になります。その時にはもちろん医師の許可をとるようにしましょう。整体でも骨盤矯正によって尿漏れを改善することが期待されます。一度病院などで相談してみると良いでしょう。

 

ホルモンバランスの乱れと食事

 

女性は加齢と共に女性ホルモンが減っていき、やがてホルモン分泌はストップします。それが更年期と呼ばれている時期で、ホルモンバランスの乱れによって不快な症状が出てきます。最近では若い女性でもそのような状態になっている人が多いのだそうです。生理痛や月経前症候群の女性がなんと8割もいるそうです。これはホルモンバランスが崩れているのが原因だと言われています。

 

ホルモンバランスが崩れてしまったら、薬で改善することも出来ます。しかし薬では副作用のことが気なりますよね。薬の前にまず日常生活を振り返ってみましょう。そして普段の生活習慣を見直して健康的な生活を心がけてみましょう。それだけであっさりホルモンバランスが改善されたりするのです。

 

ここではホルモンバランスを整えるための食事についてお話をしていきます。食生活は規則正しいものにしましょう。1日3食を腹八分目食べましょう。栄養のバランスも考えることが大切です。なんでもいいから食べればいいというわけではないのです。

 

そして大豆食品を摂取しましょう。大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンとよく似た働きをするのです。ですから減少した女性ホルモンの働きをサポートしてくれるでしょう。

 

ビタミンを摂取するのも大切な事です。ビタミンB6とかEを摂取すると女性ホルモンの分泌が促進されます。このことからホルモンバランスを整えるのに効果的だと言えます。月経前症候群を緩和するのはビタミンB6ですので、積極的に摂取すると良いでしょう。